命を繋ぐバトン活動

 平成29年度より開始しました『命を繋ぐバトン募金』は今年で4年目を迎えました。

令和1年度の寄付金額は934,594円でした。

6匹の猫たちの医療費として1,000115円を使わせていただきました。

今年度は交通事故の猫が殆どでした。外科治療も多く治療費が掛かってしまいましたが

皆さまの暖かなご支援に寄り治療をすることが出来ました。

現在も保護中の子も居ますし、新しい家族の元へと譲渡された子もいます。

55番のロイ(仮名)女の子は、保護時には交通事故によるものか左後ろ足のマヒがありま

したが、昨年12月には避妊手術と断脚手術を行いました。

日常生活には支障はありませが、転倒・落下等の心配がありますので、怪我や事故の無い

よう配慮をお願い出来るご家庭を希望しています。 性格はとても怖がりで小さなお子

さんは少し苦手。頭をナデナデされるのは大好きですが、抱っこは苦手。

左後ろ脚を断脚しているためトイレをたまに失敗することもありますが、猫大好きな元気

いっぱい、やんちゃなロイちゃんです。

ロイちゃんの個性をご理解いただけるご家族をお待ちしております。

       命に重さはありません。

      野良猫も飼い猫も同じ重さです。     

そんな飼い主の居ない猫たちのために・・・今後も飼い主のいない猫の医療費募金

     『命を繋ぐバトン募金』へのご協力よろしくお願いいたします。

令和2年度(2020.4)より募金箱を設置致します。

只今、設置していただける事業所等を募集しております。

脱走予防、猫ステッカーを作成いたしました。

募金箱設置場所にてご購入できます。

過去の保護活動に対して「ゆきのくに動物病院」さんが記事を作ってくれました。